10万円稼ぐネットビジネスの方法

こんにちは、さのっちです。

今回は『10万円稼ぐネットビジネスの方法』というテーマでお話しします。

これはインターネットでビジネスする基本的な方法です。

最もベーシックなものの1つと言えます。

これ以外にも、noteやbrainなどがありますが、やり方の土台は同じなんです。

ただどこで売るかが違うだけ。

もちろん、noteなどはプラットフォームを使わせてもらうわけですから、色々な違いは出てきますけどね。

ですが、結局「あなたが売れるものを売る」という点では同じなんですよ。

今回お伝えする方法を突き詰めて追求した人は、もうネットで売れないものは無いくらいになります。

いきなりそんなことを言われても信じられないかもしれませんか。

ですが、事実なんですよね。

例えば年間4億円稼いでるというわっきーさんや、YouTubeを活用した個人で生きる道-ショウさん、ショウさんの生徒のイングリッシュおさるさんも同じような方法を活用して、億単位のお金を稼ぎ出しました。

また、僕が過去にいた会社ではそれを組織単位で行っていたので、年間利益が100億円に到達するレベルでした。

この辺はインターネットというツールと、リアルビジネスでも欠かせないコピーライティングやマーケティングの力を上手く活用したからです。

インターネットビジネスというと「怪しい」という人もいるかもしれません。

ですが、あのユニバーサルスタジオジャパンにハリーポッターなどのアトラクションを導入して、USJの危機を救ったのもマーケティングの力なんですよね。

ネットも、コピーライティングも、マーケティングもあくまでツール。

使い方次第なんですよ。

「怪しい」もクソも無いです。

TV局だって、映画の予告だってYouTubeが主戦場ですからね。

いまやビジネスの戦いの場はインターネットやSNSに移ったと言ってもいいです。

じゃあ、そこも大企業じゃないと戦えないのかというと、そんなことはありません。

わっきーさんも元は普通の大学生でした。

特筆するとすれば、慶應生で高学歴なのですが。

ご本人曰く「慶應に特化した勉強をしただけ」とのこと。

そして19歳のころはパズドラなどをしてダラダラしていたと語っておられます。

そんなわっきーさんが現在4億円稼げるようになったのも、ブログを使った情報発信のおかげです。

特にWrodpressとYouTubeを使ったブログ、動画での情報発信ですね。

今でもわっきーさんはWordpressを強く推奨されてます。

WordPressとは、ツール自体は無料で使えるブログサービスです。

ただし、自分でサーバーとドメインを契約する必要があるんですよね。

これは現実で言えば、サーバーが家を建てるための土地、ドメインが住所を取得するようなものです。

そこに自分のブログをWordpressを使って立てて、記事を書いていきます。

サーバーとかというと、企業とかが使ってる大規模なシステムで難しそうな印象があると思います。

「高額なんじゃ無いの?」と思われるかもしれません。

ですが、比較的高いエックスサーバーでも「月額1,000円」で利用できます。

つまり、年間12,000円で使えるんです。

もしかしたら「高い」という人もいるかもしれません。

「お金をかけたくない」という人もいるでしょう。

ですが、Wordpressのブログは持っておくことをオススメします。

理由は

・自分ルールのブログが作れる

・維持費が安い

・自分メディアの中心存在になり

高単価の商品が売れる可能性がある

というものですね。

大手のブログサービス、アメブロなどがありますが、ああいうのはその会社の利用規約に従って使うしかないんですよ。

例えばあなたがかなりモテる人だとして、異性にモテる方法のブログを書いたとしますよね。

そこでちょっとエッチな表現でも入ると、アメブロなら即削除してきます。

露骨な表現はもっとアウトです。

また、投稿した記事はあなたのものではなく、アメブロならその会社のサイバーエージェントのものになります。

いくら書いても自分のものになりません。

自分の資産を作ることと、表現を自由に書くためには、Wordpressのブログは必要不可欠です。

それが月額1,000円くらいで使えるようになります。

いくら金額が人によると言っても、これは相当安いです。

例えば、ブログを順調に構築して自分のサービスが売れるようになると、月収100万円、1,000万円を稼ぐ人も普通に現れるようになります。

それだけ稼ぐようになれるための土地代1,000円を高いと言う人は、はたしてどんだけいるかと思いますよ。

1,000万円稼げる人が、必要経費の1,000円ってケチりませんよね。

多分、1,000万円の利益が出るなら10万円でも払うと思います。

それだけ稼げるかは、どれだけ真面目にブログを書いたかですけどね。

エックスサーバーはあくまでも店舗を構えるための土地です。

「土地を買ったから何もせずに大金持ちになれる」なんて考える人はいませんよね。

そこで何か商売をしないと稼げません。

ブログがその店舗なんです。

店舗にはしっかり優良な商品が必要です。

それがブログの記事であり、内容や記事数が問われます。

来訪した人に役立つ記事が多いほど、Googleは検索順位を上げてくれます。

Googleは検索エンジンを使う人に、快適に使ってもらうことを最重要の至上命題としています。

過去にあった小手先のテクニックでズルしてアクセスを稼ぐ手はもうできません。

なので、読みにきた人に役立つ内容の記事を多く用意しているブログが検索の上位に上がってくるようになってるんです。

そして情報というのは常に変化しますから、新しい情報を発信して行く必要があります。

そのためブログで稼ぐには、真面目にブログを定期更新するのが鉄則です。

あなたも、何も情報更新していないサイトを何度も訪れることなんてマレですよね。

YouTubeとかで更新されていないチャンネルはトップに上がってこなくなり、いつの間にか忘れ去られます。

もちろん、バズって長期間再生され続ける動画や記事があれば別ですけどね。

そうやって自分のブログを持ち、更新し続けた人がいま生き残って大きく稼いでいます。

他の人たちがどれくらい稼げたかは知りません。

表に出さない人が大半ですからね。

ですが、95%以上の人は稼げなかったでしょう、

これはアフィリエイトという手法で月に5,000円稼げない人が95%と言われているからです。

稼げなかった人の理由は

・更新が続けられなかった

・記事数が少なかった

・正しい方法がわからなかった

・読者に役に立つ記事が書けなかった

などが挙げられます。

結構当たり前のことばかりですが、基本的にネットで稼げない人は、この基本的なことが足りていません。

ブログやYouTubeは楽して稼げる方法ではないんです。

なぜなら、会社とかであれば、ある程度は何をやればいいかが用意されていますよね。

新人や新たに挑むことであれば、先人の人がいれば教育してくれます。

ですが、ブログやYouTubeの場合、正しい方法を教えてくれる人がいません。

何が正しいかもわからないし、何をどうしていけばいいかもわからない。

しかも、こういう道筋って意外と普通の本屋の本では書いてないんですよね。

結構ボカしてあります。

具体的に「これやって、あれやって、次はこうで、こうなる」と書いてくれてる本はありません。

いろんな情報は散りばめられていますし、その方法をやれば稼げます。

でも、その本だけ読んでも具体的な組み立て方法がわからなかったりします。

そんな状態で、たくさん読者の役に立つブログを書いたり、YouTube動画が作れるわけがありません。

「何のためにこれをやるのか」が分からないからです。

しかもインターネットビジネスなので「楽して稼ごう」としている。

だからほとんどの人は月に5,000円も稼げずに脱落していくわけですね。

本当は人の役に立つ記事を地道にゴリゴリ書いて行くしかないのにです。

例えばヒカキンさんが「YouTubeはこうやって作れ!」という動画を出したら、多くの人が見にきますよね。

実際、それに近い動画をヒカキンさんは投稿されています。

また、ヒカキンさんはご自身の24時間の生活風景を撮影した動画を投稿されています。

5年くらい前の動画ですが、1日だけでも何本も動画を撮影し、編集し、投稿する日々を送っていることを告白してるんですよね。

日本のYouTuberの頂点の人が、今でも毎日動画を撮影して編集して、と走り続けてる。

なのに、無名の人がちょろっとブログ記事を書いただけでみんなが読みにきてくれるってあり得ないんですよ。

一昔前だと特に「TVが言ってるから正しい」という風潮がありました。

同じく、ネットでYouTubeなら「ヒカキンさんが言ってるんだからある程度当たってるだろ」と思われるはずです。

でも、いくら正しい情報でも無名の人が言ったら信じますか?

そもそも無名でYouTubeもTwitterも有名じゃない人がいきなりブログで発信しても、誰か見にこれますか?

あなたがブログを始めたとしても、実はGoogleが見つけてくれるようになるまで、何ヶ月もかかるんです。

これはもうシステムなんで、誰にもどうにもできません。

ブログはTwitterのような拡散性がないですからね。

代わりに、一度検索エンジンの上位に入れば、なかなか離脱せずに安定したアクセスが望めるようになります。

Twitterは無名の人でもバズるかもしれません。

でも、一瞬バズってもお金にも何にもならないんですよね。

下手したら「あほなこと言ったイタイやつ」で終わります。

ですがブログは人の役に立つことを発信し続けて、ようやくGoogleに見つけてもらえます。

Googleにも信頼されてアクセスが取れれば、そこからはめちゃめちゃ強いんですよね。

つまり長期的な目線がないと、ブログもYouTubeも稼げなくなってるんです。

その代わり、Googleや視聴者、読者に信頼されてあなたのコンテンツが求められるようになったらものすごく強い状態になります。

こうなると、月収100万円、1,000万円の到達も簡単でしょう。

逆にそこまでいってても月収が100万円未満なら、やり方にかなり問題があると言えます。

稼げる仕組みが構築されていないことが発覚しますね。

YouTubeだとチャンネル登録者1,000人くらいで月収100万円を超えている人もいますからね。

それは広告収益に頼っていなくて、自分の商品を売っている人たちですね。

ちなみにざっくりですが、YouTubeの動画を週に5本くらい投稿したとして、3〜5万再生されていれば月に100万円前後はいくはずです。

ただしYouTubeだけでは自転車操業なので、YouTubeだけに依存しない仕組み構築が必要ですね。

というわけで今回は、『10万円稼ぐネットビジネスの方法』についてお話ししました。

「10万円稼ぐ」というよりは、もっと根本的に大きく稼ぐのに自分のブログがなぜ必要なのか、という理由解説でしたね。

恐らくね、結構な人が「当たり前じゃん」という内容でもあると思うんですよ。

でも、これを読んでるとしたら現実は稼げてない人が多いはずです。

結局、読者に役立つ記事を書くことと、その量が足りてないからですね。

よく「記事は量より質だ。ゴミ記事を書いても意味がない」という人がいます。

いるんですけど、最初はそういうのは無視でいいんですよ。

なんでかって、最初から良質な記事をバンバン量産できる人なんていないからです。

マジで「ローマは一日にして成らず」なんですよ。

上手くなるにはたくさん量を書いて書いて書いて、それで気になるポイントがあれば改善したり、本で学んだことを取り入れてみたりすることですね。

とにかく書かないと上手くなりません。

「上手くないからまだやらない」じゃなくて、まずは下手でいいから、ブログをたくさん書いたり、YouTube動画をたくさん撮ることです。

まずたくさんやってみることで上手くなります。

やってみないと自分で気になる点とか、こだわりポイントも生まれないんですよね。

試行錯誤も生まれません。

そういう過程を経てないのに、「記事は量より質だ」って謎だと思います。

そう言ってる人だって、最初から良質な記事書いてないと思いますよ。

いっぱい書きまくって、Googleのアナリティクスでアクセス数調べて、そういう結論が出たはずです。

何がよくて何がダメなのか、やってみないとわかりません。

これまでブログを書いてなかったけど、人の役に立つ知識をいっぱい持ってる人が記事書いたら、文章が多少下手でも当たることは全然あるんですよ。

でもそれはやってみないとわからないですよね。

ダメなのって、知識がないことでも、いい記事が書けないことでもなくて、「やらないこと」なんですよ。

だから、つたなくていいのでやってみてください。

ブログ記事書いて、徐々に上手くなっていけばいいんです。

たくさん書いて上手くなってください。

というわけで、今回はここまでにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。